先輩紹介

井上大介

2010年度入社

産業機械部

仕事の内容

産業機械部では多種多様な機械設計をしています。 入社当初は先輩の下で製作図面や重量表などの作成業務をしていました。 製図する過程で装置の仕組みや部品の役割、強度計算などを学びました。 今は当時の経験を活かし、様々な案件を任され、案件の担当として客先との打合せや装置の計画などをしています。 担当した案件は、防災設備や遊戯施設、工場の生産ラインなど様々で、新しいことを学ぶ機会が多く、 設計者としてスキルアップするチャンスだと思い、日々努力しています。

働く上での指針

普段は自分に甘い所があるので、仕事に関しては自分に厳しくしようと心がけています。 作成した図面や計算書はどこか間違いがあるはずだという気持ちでチェックをしています。 また、一つの考えに縛られず、より良いアイデアがあるのではないだろうか、という柔軟な発想を持つことで より良い設計ができると考えています。

KDCを選んだ理由

私は中学生の頃から、設計という仕事に興味がありました。 入社前に先輩方と関わる機会があり、ここでなら自分のやりたいことをやっていけると感じKDCを選びました。

KDCでカタチにする夢

当社はファブレスということもあり、設計した全ての装置が見れるわけではありませんが、 設計という業種ですので、やはり自分が考え設計した装置が形となり、製品として収められるところまでを見届けることです。 そして、一つでも多く自分が設計したものが誰かの役に立てる様、頑張っていきたいです。

休日の過ごし方

家族と過ごし、子供たちの笑顔に癒されています。 平日は朝しか顔を合わすことが出来ないので、休日は出来る限り、子供たちと触れ合うようにしています。 子供たちが寝た後は、趣味のゴルフ(打ちっぱなし)で体を動かし、リフレッシュしてます。 当社では年に2回、コンペが開催されるので、練習の成果が発揮できれば嬉しい限りです。

メッセージ

色んな不安もあるかもしれませんが、当社では先輩や上司が厳しくもやさしくサポートしてくれます。 もちろん自分の努力ありきですが、その努力が無駄になる様なことはありません。 私もまだまだ勉強することばかりですが、共に頑張る気持ちがある方は是非一緒に頑張っていきましょう。
▲ページの先頭へ