先輩紹介

石田悠樹

2014年度入社

構造計画部

仕事の内容

私の担当は、土木・建築物等の構造設計やFEM(有限要素法)解析です。 顧客の仕様書をもとに基本設計や詳細設計を行い、構造計算を行ったり、コンピュータ上で実物を3Dや2Dに再現してFEM解析を行ったりし、その強度や安全性を確認します。もし、強度が不十分で安全でないものがあれば、補強検討を行う場合もあります。 私が経験したことのある具体的な仕事は、橋梁の耐震強度計算や原子力設備の構造計算等です。

仕働く上での指針

顧客の信用・信頼を得るために努力することです。そのためには、技術力の向上が特に大事だと考えています。私の知識はまだまだ少ないので、先輩に聞いたり、本を読んで調べたりすることで日々勉強しています。また、顧客とのコミュニケーションも大事だと思っています。一人で仕事をしていてミスなくしたとしても、顧客の要求したものと違えば、何も意味がありません。顧客と十分なコミュニケーションを図り、十分に意思疎通をすることで顧客の満足する成果をあげることができると思います。

KDCを選んだ理由

就職活動をしていた時、様々な分野の会社に魅力を感じ、一つの分野に絞り切れませんでした。KDCは一つの分野ではなく、遊戯施設、橋梁や原子力設備等様々な分野で活躍しています。様々な分野で活躍する技術力があると思い、魅力を感じたからです。

KDCでカタチにする夢

現在は、私の技術力が未熟なため、先輩の力を借りて業務をすることがほとんどです。今後は、私の技術力を向上させ、一人で様々な分野の設計ができるような技術者になりたいです。そして、いつかはメインで何か未来に残るような建築物等の設計に携わりたいです。

休日の過ごし方

大学から始めたクラシックギターを弾いたり、大学時代の友人や後輩等と遊んだりして、リラックスして過ごしています。今は行けてないですが,連休を利用して、行ったことのない場所に旅行してみたいと思っています。

メッセージ

KDCでの仕事は、一つの案件に対して一人や二人といった少人数でやることが多いです。その分大変なことも多いですが、日々勉強し、いろいろな知識がついて、楽しい面もあります。やりがいのある仕事だと思いますので、もしKDCに興味があれば、話を聞きにだけでも来て下さい。魅力を感じれば,是非一緒に働きましょう!
▲ページの先頭へ