先輩紹介

高橋宏一

2010年度入社

建築設計部

仕事の内容

各種構造物(建築・土木・機器等)の構造計算をしています。 構造計算を砕けて言うと、顧客が作りたい物が、台風・地震が来ても壊れないよう、強度と安全性を確認するといったところでしょうか。もちろん、その対象物特有の荷重現象や、一般的にはイメージがつきにくい、振動や疲労現象といったものまで業務の範疇に含まれてきます。 また構造物によって、その安全を確認する基準・指針も変わってくるので、新しい業務に対して、どのようにアプローチしていくか、今まで培った経験を活かせる仕事でもあります。

仕働く上での指針

常に出来ているわけではありませんが、求められていること、期待されていること以上の成果を出すことを心掛けています。 それは、社外的にいえば、顧客が想定していない問題を抽出し、改善策を提案することであったり、顧客が期待する納期に対し、余裕を持って終わらせられる工程を考え、実際に行動するといったことです。 ひとつ上のステージ・目線で仕事を進めていけたらと思い、日々仕事に邁進しています。

KDCを選んだ理由

大学では造船を学んでいましたが、船以外にも建築物や機械など、幅広い分野の仕事が、第一線でできるということが決め手でした。 実際入社してみると、同じことの繰り返しという業務はほぼなく、毎回新しい知識・経験を得て、成長していける環境が揃っている会社でした。 また弊社には、営業部隊はおりません。先輩方がやってこられた仕事が評価され、継続的に仕事をいただいていたり、その顧客から新たな顧客を紹介されたりしています。 それだけ日々の業務が将来に繋がり、責任を持たないといけないことになります。 そんな環境の中で、若いうちから最前線で自分を鍛えられる点がKDCを選んだ1番の理由だったように思います。

KDCでカタチにする夢

漠然と、設計者・技術者として独り立ちしたいと考えています。 今はまだ行き詰った時など、上長にアドバイスをもらいながら仕事をすることも多々ありますが、一人前になったら、一から十まで自分で判断し設計したものが実際に世の中に出ていき、出来上がったものをこの目で見ていきたい、ということが夢です。

休日の過ごし方

最近は資格学校に通っていますが、勉強以外では、ゴルフや買い物、ドライブがてらおいしいものを食べに行くことが多いです。平日はしっかり働いて、毎週土日は丸々遊びに行くなんてことも可能ですから、社会人になっても好きなことができる会社です。

メッセージ

就職活動の期間が短くなっている中で、数多い会社の中から社会人としてスタートする会社を選ぶのは、大変なことだと思います。 ネットや身の回りからの情報収集ももちろん大切ですが、結局のところ、足を運んで働いている人の雰囲気を感じなければ、実際のところはわからないことが多いかと思います。 入社してから“こんなはずじゃなかった…”なんて思わないよう、ぜひ色々な会社を訪問して生の意見を聞いてみてください。 実際に会ってみて、感覚的なところで共感できる社員が一線で働いている会社だったら、御自分に合った会社なのではないでしょうか。 みなさんが将来こうなりたい、こんなことをしたいという希望を叶えられる会社に巡り合えることをお祈りしております。
▲ページの先頭へ