先輩紹介

山崎匠太

2014年度入社

構造設計部

仕事の内容

建築、土木、船、遊戯施設等様々な構造物の構造計算を行っております。毎回異なる構造物を設計するため、常に勉強しながらの業務となり、大変ですが、そこがこの仕事の面白みのひとつです。また、自分がメインとなって行った業務や、関わった業務に関しては、打合せや顧客への説明等に積極的に参加させていただくことができるため、責任を感じるとともに、大きなやりがいも感じられます。

仕働く上での指針

弊社基本理念であります、『顧客要求に対し、最高の技術をもって、最適な品質の成果品を、最低のコストで提供する』です。これを実践すれば、顧客の信頼も得ることができ(関西設計に依頼すれば大丈夫、困ったときには関西設計、と思っていただけるような)、自己の向上にも繋がると思います。

KDCを選んだ理由

最大の理由は、ルーチンワークをこなすよりも、自分が主体となって、自ら考えながら仕事をする方が自分に合っていると考えたからです。それを実現しやすいのは、大企業よりもKDCのような中小企業である(あくまで個人的な意見ですが)と思い、KDCを選びました。幼い頃から手先を動かすこと、ものづくりが好きであり、その基本である設計をしたいと思ったのも志望動機のひとつです。

KDCでカタチにする夢

『技術力の向上』をモットーに、電卓ひとつで構造が成り立つか否かの当たり計算ができる“技術者“になることを目標としております。また、プライベートでの夢ですが、“良いパパ”になるためにも、仕事を通して大きな人間になりたいと思います。

休日の過ごし方

平日はほとんどがデスクワークで、典型的な運動不足であるため、休日は大学の部活動にOBとして参加させてもらったり、趣味のダーツをしたりとなるべく体を動かすようにして過ごしております。

メッセージ

学生時代に専攻していたことをそのまま活かせる仕事に就くのは難しいことだと思いますが、勉強、部活動、アルバイト、何でもいいので一生懸命打ち込んでみてください。その経験は必ず仕事をする上で役立ちますし、就活においてもきっと有利にはたらくはずです。
▲ページの先頭へ